局長松尾の気まぐれ日記・・・2005年8月の日記

独立記念日

夏休み最後の日。
毎年恒例、最後の宿題の帳尻合わせ中の
我が子3人。
読書感想文そして一行日記という呪縛。
-----------------------------------------------------
プチクリエイトは私が1人で起業した会社。
と、言うか、起業するしか他に道が無かった私が
背水の陣で始めた
子供達を養うためそして生きるための仕事として
選んだ道。

私の経験を生かし、主婦としての感覚を生かし
商売繁盛のお手伝い<広告クリエイター>を起業した。

それが約5年前。

2年前、プチクリスタッフとなった女性がいる。
彼女は、私と同じような境遇。
やむなく離婚し、2人の子供を育てている。
生活のため、いろんな仕事を経験し
しかし、自分の好きな仕事で生計を立てたい
と30才になってから改めて広告DTPの勉強を始めた。

働きながらコンピューターDTP学校を卒業後
縁あってプチクリエイトのパートスタッフとして働き始めた。
プチクリで経験を積み、いつの日か独立したいと。

学校で教わった知識はあったものの
商業印刷の何たるかは
経験でしか分からない。
名刺からポスターやバナー広告までカバーするプチクリの仕事。
デザインの前に立ちはだかる広告というスキルを彼女は
スポンジのように吸収した。

彼女は私にとって、ただのスタッフではない気がしていた。
同じ苦労を背負って、子育てもしっかりしている彼女の
人生丸ごと応援したいと思った。
そして、だんだんと、守ってあげたいという気持ちが強くなっていた。

独立して苦労するより
いつの日かここで正社員として働くという事を
私は勧めた。

しかし、彼女はやはり独立を選んだ。
私を目標にしたいと。
何回泣いてもいい、一人で生計を立てられるようになりたいと。

彼女の決心に私の方が感動し
私にできる応援の手を惜しまない約束をした。

そして、この8月31日が彼女の独立記念日。

帰り際に花束を渡して見送った。
彼女の目は感謝と希望に満ちあふれ輝いていた。

私はまるで、始めて社会に送り出す子供を見送る親のように
涙ぐんでしまった。
でも、彼女の力を信じている。
がんばってほしい。
買ってでもする苦労は、次のステップのパワーになる。

泣きたいときには、愚痴りにおいで。
プチクリエイトのドアはいつでも開いているからね。By局長松尾
----------------------------------------------------------------------
あせらず、根気よく、そしてためらわらず。

夏休み秒読み開始!

パンとライスって・・・
パンと悟飯(ごはん)ならドラゴンボールなのにね、おしい!
-------------------------------------------------------------------
あぁ〜
今年の夏も終わりに近づいていますね。

本物の馬まで出馬しそうな選挙だとか
ちょっとインパクトがうすい騒音おばさんパート2だとか
関西なら「スリッパで殴ったのはツッコミです」で済む優勝校とか
人の思いが重く重くうごめいている今日この頃ですね。

夏休みの宿題に追われる長男(中二)は
<歴史新聞>という課題に
「豊臣秀吉が食べた食事」
を必死でパソコンで検索している大物です。
それ、あんまり歴史と関係ないからね!
あんた、そんなのテストに出ないからね!
でも、着眼点けっこう好きだからね。

次男(小5)は
クーバーコーチングスクールでの
岡山への3泊4日のサッカー合宿中。
年に一度のこの合宿以外、無駄なおねだりをしない次男。
次男の強い意志を尊重して
毎年の恒例行事としている私。
交通費込みで5万5千円。
成長して帰ってきてね。

長女(小一)は
8月に入ってからずっと
徳島の私の実家にお泊まり保育。
別れ際には涙を見せてくれるものの
ママがいなくても、一人でしっかり生きてゆける
強い性格の持ち主だと証明してくれて
心強いったらありゃしない。

私たち家族のそれぞれの夏。

思いでのいっぱい詰まった夏が
また過ぎていこうとしている。

そして、今日から着工の「青いガルバリュウムの家」
新しい物語のスタートもきった!
P1010001.JPG

by局長松尾
------------------------------------------------------------
大好きな私の街。
近所のスーパーではこんな物も売られている。
P1010012.JPG

拡大
P1010011.JPG
少々、味に問題有り!!
うすいかもしれません。

大好きな街。



世間はまったり〜お盆休み

お盆休み真っ最中のみなさま、こんにちは。
さすがにプチプチのアクセスが
いつもの半分です。
-------------------------------------------------------
若いふり大好きな40才なもんですから
音楽には敏感であります。

しかし、FM802から流れてくる音楽の
歌詞が微妙に分かりません。

そして、歌は知っていても
曲名や歌手の名前と一致しません。トホホ。

カラオケで歌いた〜い。
歌詞を覚えた〜い。

昔なら明星とか平凡の歌本があったのに・・・
と、思っていたらありました!
うたまっぷ(歌詞を無料で検索できるサイト)
ネットバンザイ!
それに先日からiTunes Music Storeでは
1曲150円でダウンロードできるようになったし。
いっときますか?私。

いっときましょう!
買っちゃいました、Apple iPod shuffle 。
iPod miniとどっちにしようか迷ったけど
フォーマットチェンジが簡単だという理由で
シャッフルに決定。

これって、USBのメモリそのものなので
仕事上のデータ移動にも使える。
つまり、無駄使いじゃない。
決して、衝動買いじゃない。
経理上、会社の備品購入費。

ニコニコ顔で事務所に戻り
さっそくスタッフYに
「私の好きそうな音楽を入れておいて」
と職権乱用・社長命令。

で、私の手元にあるiPod shuffle の中には
松田聖子
欧陽菲菲 ( オーヤンフィーフィー )
渡辺真知子
堀江淳

違うってば!!
違うんだってば!!by局長松尾
-------------------------------------------------------
阿波踊り中継チェキラ!

世界に1つだけの花を咲かせるために

6月に買ったオジギソウの木が3倍に大きくなった。
そして、今朝花を咲かせた。
ozigisou.jpg
小さくてかわいい花。
---------------------------------------------------------------
人は幸せになりたくて生きている。

幸せの形は人によって違う。

大好きな人にふり向いてもらう幸せ。
大切な人の笑顔を守る事ができる幸せ。
愛のこもった、おいしい手料理を毎日食べられる幸せ。
持って生まれた才能を生かせる仕事ができる幸せ。
仕事で成功し大金を手にする幸せ。
夢を実現する幸せ。
.
.
.
自分の事を真剣に考えてくれる人が周りにいる幸せ。

私がどん底の経験をしたとき、私の周りのいろんな人に
いろんな形で助けてもらった。
私の事を、真剣に考えてくれた。
自分のカラに閉じこもってしまいそうな私に知恵を付けてくれた。
そして、私はその人たちの好意に素直に甘えた。

今でもその人たちと、いいおつき合いしている。
私の成功(?)を心から喜んでくれている。

私の一生涯の精神的な宝物だ。

おかげさまで今の私は、少々の心の余裕が出来てきた。
悩みを打ち明けてくる人の力に、少しでもなるのなら
私の時間をさくことを惜しまない。

私の時間をさく。
私の経験、知恵、正しいと思うことを話す時間をさく
という事を、私は時間を咲かせると考えている。
そう、花を咲かせるのと同じ。

話すことで、堅く閉ざすつぼみが花咲く。
花咲くように、希望が見えてくる。
時間を咲く。
咲く時間ならば大切な時間だ。

つくずく、私は器用そうに見えて
不器用なタイプの人間だと思う。
知り合いが、悩んでいたり、つまずきそうだったり
体が斜めになっていたりしたら、ほおっとけない。

自分に何の得にもならない事に見えるが
私はそうは思えない。
見返りを期待しているわけではない。
助けられた経験があるからこそ、助けることが出来たらと思う。

1つでも多くのつぼみを花咲かせたい。
私もたくさん咲かせてもらったから。
私自身も、かかえるほどの花を咲かせる人生にしたいから。

by局長松尾
---------------------------------------------------------------
涙の数だけ強くなれるよ
アスファルトに咲く花のように。


絶好のネタ

お年頃の長男(中二)がホワイトバンドを2本買った。
あやしい。
------------------------------------------------
東京から帰ってきた長男。
片道7時間のバスの旅。
6試合の連続試合。

かなりがんばった名誉の負傷が
ひざのすり傷と
親指の突き指と
右ひじのにくばなれ。

「ひじが痛くて曲がらなかったけど
PK止めたんだ!」
輝く目でうれしそうに語る長男。

また、何かをつかんできた。
スポーツから得られる
かけがえのない精神成長。
毎回彼はいろんな事を学んでくる。

私「で、今回は何を一番学んできた?」
長男「あんな、100%マックって事かな?」

ハァ?????????????

長男「東京の選手みんなに
『マック派?マクド派?』
って聞いてみたら、
『マクドって何?』って
反対に聞かれたんだよ。
コンビニのお姉さんも
『マック』派だったし。
関東では100%マックだった!」

私(ふたたび)ハァ???????

長男「マックのちっちゃい"ッ"って
どこから来てるのかな?
マクドナルドってちっちゃい"ッ"
なんか無いやんなぁ?」

私、爆笑!
・・・・・・・・・・・君は大物だ。

長男「何笑ってんの?
あっっ!こんな事、日記のネタに
せんといてや!」

絶好のネタでんがな!by局長松尾
------------------------------------------------
デスノート7巻。
おもしろすぎ。